Teachers' blog

2017年4月2日(日)

【British Food Can Be Good!】

noriko
 
(Contributed by Noriko)
先日、「イギリス料理が「マズい」と言われる本当の理由」となるタイトルのついたyahooの記事を拝見しました。イギリスの歴史的背景から、なぜこうなったのかがまとめてありますが、最後に、現在の検証もなく、「こうしてイギリス料理は今に至るのです。」と締めくくられています。
 
イギリス料理が「マズい」と言われる本当の理由
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170220-00118421-diamond-bus_all
 
イギリス在住の私には、なんだか腑に落ちません。本当にイギリス料理は、そんなにまずいのだろうか。少なくても、今のイギリス人の家庭では、美味しいものが食べられています。イギリスの名誉挽回を担って、イギリス料理のおいしいものをご紹介していきたいと思います。
 
1.定番 サンデーロースト (Sunday Roast)
日曜日は、ゆっくり起きて家族とSunday Roastをブランチとして食べる、という習慣がかつては定番だったのでしょう。今でも大抵のパブなどでオーダーできますし、家庭でも、たまにある、家族でゆっくりできる日曜日に作ります。ローストされたチキンやラム、ビーフなどにグレービーソース(Gravy Source)をかけて食べますが、うちでは子供がいるのでもっぱらチキンが多いです。サイドディッシュとして、ゆでた人参、グリンピース、キャベツ、マッシュポテト、ローストポテトやフレンチフライのいくつかをトッピングで付けます。ヨークシャー・プディングというシューのような軽い、ちょっとサクサクしたパンのようなものをサイドに乗せることもあります。ローストするとお肉がJuicyでとっても美味しいですよ。グレービーソースの味って、日本にありそうでない味で、日本人にも受け入れやすい味だと思います。
 
2.パイ (Pies)
イギリスでは、昔から色々なパイが食べられてきました。中でも、ミートパイ(Meat pie)は日本人の私でも美味しいなと思うイギリス料理の一つです。挽肉と細かく刻んだ野菜を重めのパイ生地で包んだものです。そうマズそうではないでしょう?とろりとした野菜とお肉のコンビネーションが最高です。焼きたても美味しいですが、実は、冷たいままのミートパイも、Red Wineと一緒につまんだりすると美味です。家では、スーパーで買ってきた要冷蔵のミートパイで、冷たいのをつまむ方が多いですね。コーニッシュ・パスティ(Cornish Pasty)といわれるコンウォールエリアの料理も有名で、特に寒い時には食べたくなります。持ち運びに便利な形になっているので、駅などにたくさん店があり、電車を待っていると、つい匂いにつられてしまいます。スモークした鱈を使ったフィッシュパイ(Fish Pie)もお勧めです。スモークしてあるので、風味が強く、クリーミーなソースにぴったり絡み合います。

 
Copyright © 2014 NTT Learning Systems Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP