• HOME
  • Teachers' blog
  • 【ジャカルタ発クアラルンプール経由日本行き~7~】

Teachers' blog

2015年5月18日(月)

【ジャカルタ発クアラルンプール経由日本行き~7~】

t0000035_7ZyH[1]
(Contributed by Rintaro)
 
(前回の続きです)池袋線を使う人間としては池袋の西口に降ろされるのはどうも納得がいかないし、違和感を覚える。ただ終電はとっくに出ているし、電車にのるわけでもないからここで西武線魂を振りかざしてもしょうがない。そんなものは最初から持ち合わせていないし。
 
ということで西口の賑やかな飲食店街を負け犬のようにトボトボと歩く。始発が動き始めるまでの数時間を過ごす「一時の宿」を探す。西口から伸びる直線の道路をしばらく行った所、ある百貨店にぶち当たる前の大きな交差点に煌々とひかる深夜営業のファミリーレストランの看板を見つける。しかし寒い。羽田行きのフライトがどれだけ寒かったかをこのブログシリーズの前半で書いたが、3月11日の池袋の寒さは全く異なるものだ。ただ「とりあえずどこか店に入り込むまで我慢すればよい」という考えがあるからそこまで辛い、と思わない。対して単純な寒さ=気温でいえば数度は高かったであろうあの機内は「あと何時間この極寒が続くのか」という絶望感があった。
 
ドアを開ければそこに店内の景色は見えない。何故なら地下に続く階段を見下ろす以外は四方が壁に囲まれているからだ。大きなスーツケースを地下までやっとの思いで持ち込んだところで「申し訳ありません、そういった大きなお荷物をお持ちのお客様はお断りしております」等と言われたら後1ミリ位しか残っていない希望が全て尽きてしまう。まずは荷物を入口付近に残して店員に事情を説明することにした。
 
続く

 
Copyright © 2014 NTT Learning Systems Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP