• HOME
  • Teachers' blog
  • 【Divorce from Europe】     【要点解説あり】

Teachers' blog

2016年7月3日(日)

【Divorce from Europe】     【要点解説あり】

Karl
 
(Contributed by Karl)
 
What a week it has been for the United Kingdom. While that is now under debate, majority of Scotland voted to stay in the EU on Thursday 23rd of June and now want a second referendum to leave Britain as they failed to exit Britain in 2014 for their own independence. Votes panned out like this: remain a member of the EU 48.1% with 16,141,241 votes, and leave the EU was 51.9% with 17,410,742 votes.
 
So what now? Well David Cameron has stepped down from being the Prime Minister. He did not immediately invoke Article 50 of the Lisbon Treaty, which is necessary in order to begin the formal process of withdrawal. It has divided Britain. People expressed joy and anger and fear to the exit. Cameron and analysts said there will be an impact on economy and uncertain times if we go out of the EU but people said it was just scaremongering. What happened? He was right, it has caused not just uncertainty in the UK but around the world which nobody was expecting. Not even the stock market.
 
Political fallout has now started and now there is a EU referendum petition calling for a second vote”after the vote to exit” that over 2 million people have already signed. For me, nobody thought this through, and all I can say on this is that it was an emotional vote rather than a rational one. The media stresses the negatives more than the positives. Just look at the Mr. Trump and Mrs. Clinton campaign for president. Let’s hope they have a rational vote.
 
I do believe change is good as a rest, but what a mess even for the other European countries, which one of them I live in. So on a positive note, time to watch Adele at Glastonbury on the Television. Of course with cold glass of beer. Cheers, keep calm, and carry on.
Love is rare, life is strange. Nothing lasts and politics change.

 
 
—————————————————————————————————————–
《要点》
 
【欧州からの離婚】

・英国にとっては激動の一週間が過ぎました。
・スコットランドでは大多数がEU残留を望む結果となり、2014年に続いて2回目の独立の国民投票を求めています。
・全体の投票結果は残留派48.1%、離脱派51.9%でした。
 
・次はどうなるのか?キャメロン首相は退陣します。
・同首相は離脱の正式手続きの開始に必要なリスボン条約第50条の発動を直ちに開始することはしませんでした。
・人々の離脱に対する感情は歓喜、怒り、恐れでした。
・キャメロン首相やアナリストはEUを離脱すると経済への影響、不確定な将来を指摘しますが、根拠がないという人もいます。
・一つ言えるのは、英国だけでなく、世界で、また株式市場にも不安が広がったことです。
 
・政治的な影響の1つとして、現在、EUの中で、2回目の離脱投票を求める請願にすでに200万の署名が集まっているとのことです。
・このような投票結果は誰も予想できず、国民全体の意思というよりは、感情的な衝動による投票結果ではなかったでしょうか。
・メディアは肯定的な面よりも否定的な面を強調します。
・トランプ氏とクリントン氏が争っている米国大統領選については、理性的な投票が行われることを願っています。
 
・もちろん変化は良いことかもしれませんが、私が在住する国を含めて他の欧州諸国にどれだけ混乱を招いたことでしょう。
・それでは、冷たい一杯のビール片手に、アデルのグラストンベリー【英国南部】でのコンサートをTV鑑賞することにしましょう。
・乾杯!
 
・愛はまれ、人生は奇妙、永遠は無く、政治は変わる
 
 
以上の要点はバーチャル英会話教室運営事務局により作成しております。
—————————————————————————————————————–
 
 

 
Copyright © 2014 NTT Learning Systems Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP