Teachers' blog

2016年8月16日(火)

【Exams and Tests】

Will
 
(Contributed by Will)
 
In the UK, ‘school-age’ kids are ‘subjected to a barrage of’ exams and tests from an early age right up until they leave school or college at 18. In fact, from the age of 15 to 18, you can be ‘faced with’ an important exam or set of exams every year until you leave school. Understandably, this puts a lot of pressure on kids to study, ‘revise’ and prepare in all kinds of ways for serious and challenging examinations over the course of three or more years!
 
At the age of 11, a lot of kids in the UK ‘sit’ an exam known as the ’11+’ or ’11 plus’ whilst others sit a similar exam known as the ‘common entrance’ exam, both of which are important when it comes to ‘getting into’ a good school at 12/13 years old.
Between 13 and 15 years old, most UK schoolkids or school-age kids will not have to sit any important or serious exams, but they will, however, be ‘looking towards’ the first important set of exams at 15 years old.
 
These exams are known as ‘GCSE’s’ in the UK (‘jee – see – ess – EEZE’) which stands for ‘General Certificate of Secondary Education’. GCSE’s require you to sit exams in a minimum of 5 subjects, which must include Math, English and Science. Some people take as many as 12 GCSE’s!
 
GCSE’s take place over two years (sometimes three) and therefore put a lot of stress on young students. Once they have finished those at 16/17 years old, they are already preparing the next set of exams over the next two-year period.
 
Next comes the ‘A level’ exams, which use to be limited to a single set of exams in one year but while I was at school was changed to include ‘A.S. levels’ or ‘A.S.s’ (‘ay – ESS – iz’) at 17 years old, followed by ‘A2 levels’ or ‘A2’s’ (‘ay – TWOS’) the next year at 18 years old. A.S. exams normally cover four subjects that the student chooses for themselves and A2 exams normally contain one fewer subject, for three exams (again, chosen by the student).
 
The’exam results’ or ‘results’ of A-level exams are perhaps the most critical, as they are the results that are looked at by Universities when considering students for ‘places’. It’s no wonder, then, that many UK students, after leaving school at 18 take a ‘Gap Year’ and go travelling around the world for a year before going to university – at least they don’t have to do any more exams!
 
 
—————————————————————————————————————–
《要点》
 

【英国における試験地獄】
 
・英国では、就学年齢の児童は、小さい頃から18歳で学校を離れるときまで、さまざまな試験が義務付けられています。
・15歳から18歳に至る時期には、学校を卒業するまで、重要な試験、また複数の試験を毎年、受けなければなりません。
・子供たちは3年またはそれ以上の期間、重要で困難な試験に備えて学習、復習、試験の準備をするよう、圧力を受けます。
 
・11歳になると、英国の子供の多くは「11+」とか11プラスと呼ばれる試験を、または「共通入学試験」を受けます。
・これらは12/13歳になったときに良い中学校に入学できるために重要な試験です。
 
・13~15歳の時には、英国の中学生やその年代の子供たちの多くは、重要な試験を受ける必要はありません。
・しかし、15歳から始まる一連の重要な試験に備える必要があります。
 
・これらの試験はGCSEsと呼ばれます。(GCSE:一般中等教育修了証)
・GCSEを取得するためには、数学、英語、理科を含む少なくとも5科目の試験を受けなければなりません。
・12科目ものGCSEを受ける人もいます。
 
・GCSEは2年または3年の長期で行われ、若い子供には大きなストレスがかかります。
・16/17歳でこの試験を終えると、その後の2年間で受ける次の試験の準備に追われます。
 
・次に受けるのは「Aレベル」試験です。通常は1年間に1つの試験のセットに限定されます。
・私の時代にはA.S.レベルを17歳で、A2レベルを18歳で受験しました。
・A.S.は生徒が選んだ4科目、A2は通常3科目です。
 
・Aレベル試験の試験結果はもっとも重要です。
・志望する大学の担当者が判断するにあたって見るのはこの点数だからです。
・英国の学生の多くは18歳になるとgap year(高校卒業後、大学入学資格を保持したまま1年間遊学できる制度)を利用します。
・そして世界を旅行して回るのです。少なくとも、それ以上試験の心配をする必要はないからです。
 
 
以上の要点はバーチャル英会話教室運営事務局により作成しております。

—————————————————————————————————————–
 
 

 
Copyright © 2014 NTT Learning Systems Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP