Teachers' blog

2016年10月15日(土)

【Student Research】*要点説明あり

Kelvin
 
(Contributed by Kelvin)
 
The students of today have more technology to work with than the adults who were students many years ago. When I was in high school I knew how to use the Dewey Decimal System to find topics in books in a library. I was very good at finding information in a library using the Dewey Decimal System and the card catalog files. The card catalog files is a filing system of index cards using the Dewey Decimal System. They are sorted by author and then again by title. It is also easy to find topics by genre.
 
The card catalog system using the Dewey Decimal System has been replaced by Google using the internet. Students of today can quickly find the information in the palm of their hands using smartphones. It’s been so long that I’ve use the Dewey Decimal System in a card catalog system that I even do not remember how to use it. I imagine it is like riding a bike and I could quickly learn it or remember it.
 
We live in a world of information. Everything is easily found in a digital system online. The students of today are connected to an internet world that is abundant with information. Because information is more easily ready for a student to use, the requirement and expectation of students are that much higher than so many years ago where it was a greater challenge to get information.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

—————————————————————————————————————–
《要点》
 
【学生による情報検索】
 
・現在の学生は、昔学生だった今の大人に比べて、さまざまな技術を使っています。
・私が高校生の頃、本の話題を検索するのはDewey Decimal System(デューイ10進分類法)を使いました。)
・私はデューイ10進分類法とカード・カタログを使って図書館で情報を検索するのが得意でした。
・カード・カタログ・ファイルはDDシステムを使って分類したもので、著者、題名によって並べられています。
・ジャンルごとにトピックを探すのも容易でした。
 
・この方法はインターネットを使ったGoogleに取って代わられました。
・現在、学生はスマートホンを使って手のひらで情報検索することが可能です。
・カード・カタログとDDシステムを使ったのは相当以前のことなので、使い方も忘れてしまいました。
・自転車に乗るのと同じで、やればすぐに思い出せるのでしょう。
 
・私達は情報社会で生活しています。
・すべての物事がオンライン・デジタルシステム上で容易に見つけられます。
・学生が利用する情報がこれほど容易に入手できるようになったので、情報自体を入手することが大変な作業であった昔に比べて、学生に対する期待と要求基準はより厳しいものとなっています。
 
 
以上の要点はバーチャル英会話教室運営事務局により作成しております。
—————————————————————————————————————–
 
 

 
Copyright © 2014 NTT Learning Systems Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP