Teachers' blog

2016年10月19日(水)

【Translation problems】*要点説明あり

Gary
 
(Contributed by Gary)
 
For anyone who has ever tried, it is often more difficult than it looks to translate accurately between two languages. This is especially true of languages that are as culturally and linguistically different as Japanese and English.
 
Although there are a lot of translation programs available, even now it is still hard for them to capture exactly what I want to say. An example was the time I asked for the translation of “I like cheese” and was given “私はチーズのような人です“ Literally “I am like cheese!”. Fortunately I was able to understand the translation, but it made me realise how even mistakes with the simplest phrases could lead to embarrassing or confusing errors.
 
Similarly some words or expressions do not lend themselves easily for translation as the concepts are not so common culturally. Many times I have been asked by Japanese students what “privacy” means, and despite explanations and dictionary checks the idea often does not carry over. Conversely many Japanese phrases an expressions do not fit comfortably into English, 微妙(bimyou) the Japanese concept of delicacy and complicatedness is a word which carries a subtle meaning obvious to Japanese people, that English struggles to replicate.
 
Expressions in both languages are often not easy to get across, as cultural differences often confuse learners who do not have the background. I do not yet have a smartphone, so my “clamshell” shaped one is referred to as “がらけい“(garakei) meaning it is as rare as something from the Galapogas Islands (gara = galpogas, kei = keitai (cellphone)). An expression I think people would struggle with in English.
 
From these experiences I realise that language is not just about a message, it is fundamentally part of your culture, identity and make up, and that is not only mystery of learning a language, but also the beauty of it.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

—————————————————————————————————————–
《要点》
 
【翻訳に際して直面する問題】
 
・やってみたことのある人にはわかるでしょうが、2つの言語をまたがって翻訳するのは、思ったより大変な作業です。特に、日本語と英語のように、言語の文化的、言語学的背景が異なる場合にはなおさらです。
 
・様々な翻訳プログラムが存在しますが、私の言いたいことを正確に翻訳してはくれません。例えば、「I like cheese」とタイプして翻訳使用とすると、「私はチーズのような人です」と帰ってきます。英語に直すと「I am like cheese.」という意味になります。幸運にも、私はこの翻訳を理解することができますが、単純なフレーズの間違いが、恥ずかしい、また困惑させられる間違いにつながるのです。
 
・また、単語や表現で、文化的になじみが薄いことから容易に翻訳できない場合があります。日本の学生から「privacy」って何?とよく聞かれます。説明しても、辞書を引いても、そのイメージがうまく伝わりません。逆に日本語のフレーズや表現方法で、英語にぴったり来ないものもたくさんあります。「微妙」はデリカシーや複雑さを表すコンセプトですが、日本人に取ってはその繊細な感覚が明白であっても、英語でこれに相当する表現を見つけるのは難しいのです。
 
・表現についても、文化的な違いから、背景が分からないと混乱をきたす言葉がたくさんあります。私はスマートホンを持たないので、私のclamshell(2枚貝)型の携帯は「がらけい」(Garapagos Keitaiの略:ガラパゴス島の生物くらいに珍品の携帯)と呼ばれますが、このような表現を英語で探そうとしても難しい。
 
・このような経験から分かったことは、言語は単なるメッセージではないということ。それは基本的に文化、アイデンティティー、性質の一部であり、言語学習におけるミステリーであるだけでなく、魅力でもある、ということです。
 
 
以上の要点はバーチャル英会話教室運営事務局により作成しております。
—————————————————————————————————————–
 
 

 
Copyright © 2014 NTT Learning Systems Corporation. All Rights Reserved.

PAGE TOP